2010年11月11日

しつけはDVD/本/Webで大丈夫!!??



誰かが本物のスキルや情報を発信することをしなければならない。

でもそんな自分の首を絞めることをやるトレーナー・訓練士はいないはず。

本物のスキルを持っているトレーナーは・・・

通常の犬のしつけ講座は対処療法のようで一つ一つの事例ごとに

対処を指導するから時間が掛かる。

飼主自身が、自分に問題があったと気づけば訓練は早く終わるが、

気づかないと、延々と対処療法を繰り返すことになる。

この方がトレーナーとしての仕事は増えるかもしれない。

収入アップを。。。。

犬の幼稚園 Buddy Dogの場合は、最初から本質の部分を改善してゆくから、

変化が非常に分かりやすく、しかも短期間で効果がある。?

毅然とした態度で犬に立場を理解させるのに対してご褒美で釣るやり方で従わせる。

どちらを選ぶかは飼主の考え方しだい。

「犬が人の言うこと聞きたくない理由」

〜理解してから理解される〜

相手の人に自分を理解してもらおうと自分のことばかり言ってしまう。

自分の主張ばかりしているうちに、相手の心はどんどん閉じてしまう。

そして「何で分かってくれないんだ〜」ということ、ありませんか?

園長はいつも、後悔しています。。。

「理解してから理解される」

これって犬のしつけにも当てはまるんです。

無駄吠えで困っている場合、「うるさい!!」「やめなさい!!」と

いう方法も決してないわけではありません。

でも、長続きしない、対処療法的です。

まずは吠えている理由を「理解する」ことが大切。

吠えている理由は

犬の幼稚園 Buddy Dogは犬の個性、家族の接し方、環境。。。を伺って

根本的な対策を飼主さんと考えます。

結局は飼主の意識改革をしなければならない事例が多いのですが。

犬の幼稚園 Buddy Dogは飼主に正しい知識、スキルを伝えます。

犬の行動には必ず理由があります。

「理解してから理解される」

犬にも人にもとっても大切な言葉ですね。

愛犬との幸せな生活を祈っています。

CIMG9940.JPG


犬達は犬の幼稚園 Buddy Dogで仲良くじゃれあったり、時にはおもちゃを取り合ってみたり・・

遊び疲れて寄り添って眠っていたり・・愛くるしい表情をいっぱい見せてくれます。

その姿は本当に純粋で愛しい程です。

『犬の社会性』を身につけることが、将来に良い子になる秘訣。

「三つ子の魂百までも」は、人間も犬も一緒なんですね。

【犬の幼稚園 Buddy Dog】

愛犬は我々の生活の重要なファクターとして、身近な存在となっています。

しかし、社会性不足のため問題行動犬も多数、それを解決するための犬の幼稚園!!

“人と愛犬の幸せなライフスタイルを提案”する犬の幼稚園 Buddy Dog

bdsfood

入園・ペットホテル見学会の予定

logo2kid.JPG



ニックネーム Masato at 18:13| Comment(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新着記事